園の概要 About us

      幼児期の教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものです。

    「ふじこどもえん」では、幼児期の特性を踏まえ、義務教育及びその後の教育の基礎を培う幼児教育を行います。

     ここ深圳にお住いのお子さまは、日本で育たれるお子さま以上に、生活範囲や人間関係が拡大し、多くのことを学び、大きく成長していかれるチャンスであると思っています。そのようなお子さまに対して、下記の教育目標・子ども像を掲げ、取り組みます。

 

  教育方針 

  ・一人一人の子どもの能力や特性を大切にする。

  ・一人一人の子を生き生き育てる。

・一人一人の子どもに即したきめ細かな保育を行う。

  ・一人一人の子どもの可能性を伸ばしていく。

 

  めざす子ども像

  ・健康でたくましい子

  ・友だちと仲良く、生き生きと遊べる子

  ・豊かな感性や、優しい心をもつ子

  ・自分から進んで遊びに取り組み、最後まで頑張る子 

  ・自分で考えて行動が取れる子

  上記の目標達成のために、年齢に応じた毎月の保育のねらいをもち、日本の幼稚園教育要領で示されている「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域の「ねらい」と「内容」を具現化する「ふじこどもえん」独自の具体的なカリキュラムを作成し、意図的・計画的に保育実践をしてまいります。

 

   その中の一つをご紹介します。

  毎日「絵本や物語などに親しみを持つ」一人読みと読み聞かせの時間を設定します。

  現在の子どもの生活を考えますと、活字離れと共にテレビやマンガ等視覚に依存する割合が高くなっていると言われています。

  今後の小学校での「読む」「聞く」学習につなげる指導として、絵本や物語などに親しむ取り組みを各クラスで行います。無理やり字を読ませるという意味ではなく、クラスがシーンとしていて、どの子も静かに自分で絵を見たり文字を読んで、自分のイメージを膨らませる時間を少しずつ増やしていきます。

 

  心の食事は、「本ごはん」。

  話を聞きながらイメージを広げていく力を身に付けたり、絵や文字を追いながらイメージ作りを強化していく指導に取り組みます。そのためにも、今後絵本や図鑑を増やしたり、月間絵本や学習雑誌を毎月日本から送って貰い、読書環境を整える取り組みもいたします。

  「心の底から楽しいと思える経験」は、どんどん発達をま続ける「脳」の楽しさを感じる回路」を豊かに育てるのだそうです。

   そのように育った子どもは、悲しいことやつらいことにこだわらず、前向きに楽しさを見つけていくことができるようになると確信します。

 

   そんな経験をたくさんしてもらえる保育を行ってまいります。

   その他、保育の実際は、今後ホームページで発信してまいりますので、ごらんください。

   教職員は、豊かな心をもって子どもたちに接し、日々研鑽を重ね、互いに磨き合い高め合いながら、一丸となってチーム力を発揮し、保育の質を保証できるように努めてまいります。

 

                                                                              園長   楠 玲子

E-MAIL:info@fujikidsland.com
犀牛云提供云计算服务
深圳市南山区南海大道1029号万融大厦C座103
TEL:0755-26522485(月~金 08:00~17:00) 
 
郵便番号:330520
5
電話
  • 4006-971-972
6
二次元コード
トップに戻る